外務省、東郷元局長の文書リスト公表=「密約」説明資料など58点(時事通信)

 外務省は19日、日米の核持ち込みの「密約」に関して東郷和彦元外務省条約局長が作成し、後任に渡したファイルの文書リストを公表した。1960年の日米安保条約改定時の藤山愛一郎外相とマッカーサー駐日米大使による「討議記録」の写しや、東郷氏の父・文彦氏が北米局長当時の68年に作成し、歴代政権の「密約」引き継ぎの説明資料として使われた「装備の主要な変更に関する事前協議の件」など58点が記載されている。
 リストは、東郷氏が昨年12月、外務省の有識者委員会に提出した。東郷氏が19日の国会での証言で、リストの存在を明らかにしたため、同省が同氏の了承を得て発表した。 

福岡の連続保険金殺人 元看護師の死刑確定へ 最高裁が上告棄却(産経新聞)
将棋 王将戦 久保棋王“5度目の正直”の勝利(毎日新聞)
<スギヒラタケ>強い毒性、腎機能正常でも 高崎健康福祉大(毎日新聞)
<首都高>事実上値上げ 年内にも距離別料金−−政府検討(毎日新聞)
交通事故隠ぺい看守処分=兄に身代わり頼む−加古川刑務所(時事通信)
[PR]
by bv6rtgapfn | 2010-03-25 11:43
←menu