薬事法違反 キノコ原料、未承認医薬品広告掲載容疑で逮捕(毎日新聞)

 高地に生えるとされるキノコ「ハナビラタケ」を原料とした未承認医薬品の広告をインターネット上に載せたとして、新潟県警は13日、新潟県長岡市のキノコ加工商品販売会社「越後花びら茸(たけ)」取締役、吉原哲也容疑者(30)を薬事法違反(未承認医薬品等の広告禁止)容疑で逮捕した。県警によると、問題の商品は北海道から鹿児島まで全国39都道府県に販売されていたという。

 逮捕容疑は09年12月、未承認の医薬品「特選越後花びら茸カプセル」(180錠、8000円)と「越後花びら茸粉末」(50グラム、4500円)について「免疫力のアップに良い」などと効能をうたった文を自社のホームページに掲載したとしている。

 県警によると、吉原容疑者は「自分で書いた」と容疑を認めている。同社によると、問題の2商品は05年11月以降本格的に売り出し、約4000個を販売したという。吉原容疑者の父の吉原博社長(63)は「世間をお騒がせして申し訳ない。商品については販売を中止する」と話した。

 ハナビラタケは標高1000メートル以上の高山でカラマツなど針葉樹の根元に生えるとされる。【畠山哲郎】

【関連ニュース】
「タミフル」違法広告:輸入代行業者ら3人を略式起訴 /大阪
バイオラバー薬事法違反:「がん効能」と販売、会社社長ら書類送検−−府警 /京都
薬事法違反:バイアグラ広告送付 2被告に罰金命令−−新潟簡裁 /新潟

<地震>新潟・胎内市で震度4=午後4時38分(毎日新聞)
あいりちゃん事件、広島高裁が鑑定請求却下(読売新聞)
「子ども手当」はビジネスチャンス 「将来の学資積み立て」−教育にニーズあり(産経新聞)
<自民党>大島幹事長「同日選も想定」(毎日新聞)
次世代車、10年後20〜50%=国内販売で目標−経産省(時事通信)
[PR]
by bv6rtgapfn | 2010-04-20 01:12
←menu