<   2010年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 大阪府の橋下徹知事は14日、海外の地方議会制度などを視察するため、関西国際空港からフランス、ドイツ、イギリスへ出発した。橋下知事は「初の欧州だが、遊びじゃない。税金を使わせていただくので、地方分権や議会制度などをしっかりと勉強してきます」と述べた。

 3カ国では地方議会の議長らと会談し、議会制度改革について意見交換をするほか、学校や企業も訪問して府政運営の参考にする。また、各国の国際ハブ空港や水を使った街づくりの様子なども視察する。帰国は21日の予定。

【関連記事】
“メール魔”橋下知事、なぜかツイッターではおとなしい
橋下知事「選挙で戦って、政治的に動かす」
橋下知事の維新の会、大阪市議団7人に
参院転出市議「橋下維新の会に応援を…」 同日?補選で自民は自主投票
大阪府庁に火を噴く巨大ロボ登場
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

鳩山前首相 特使で訪中 上海万博のジャパンデーに合わせ(毎日新聞)
<無銭宿泊>所持金36円で4万円の部屋に (毎日新聞)
訪問看護ステーション、微減の5731件(医療介護CBニュース)
<東西線>車両点検の影響で運転中止 煙のようなもの発生?(毎日新聞)
攻勢策さぐる自民、攻撃目標失い焦りも(読売新聞)
[PR]
by bv6rtgapfn | 2010-06-15 21:10
 熊本市の私立開新高校で2007年、空手部員だった男子生徒(18)が部活動中に倒れて重体となった事故があったが、生徒への暴行容疑で書類送検された元部長の男性教諭(42)を不起訴とした熊本地検の処分について、熊本検察審査会は不起訴不当の議決をした。議決は27日付。

 生徒は07年7月10日、部活動中に倒れた後、走り込みを強要されて意識不明の重体となり、重い後遺症が残った。熊本県警は08年、業務上過失傷害、暴行の疑いで教諭を熊本地検に書類送検。同地検は昨年12月、体調不良を訴える生徒に対し、適切な処置を怠ったとして業務上過失傷害罪で略式起訴したが、生徒の顔や腹を殴ったとされる暴行罪については不起訴(起訴猶予)としていた。

 議決は、暴行現場を目撃したという別の生徒の供述について、「内容に変遷はあるが、核心部分は一貫して暴行行為を認めている」と、一定の信用性があると判断。「生徒が頭痛や吐き気を訴えているにもかかわらず、暴行を行ったとすれば、教育指導の範囲を超えたものであり、危機意識が薄い」と指摘し、「空手道部の監督やコーチ、部員らも調べる必要がある」と、再捜査を求めた。

ローソン子会社不正経理、元専務らを逮捕へ 特別背任容疑(産経新聞)
「キャリア段位」導入へ=非正規の待遇底上げ―政府(時事通信)
「車購入」実は演技…NHKが謝罪 3年前のインド特集で(産経新聞)
<銃刀法違反>改造拳銃11丁所持 警官を追送検 警視庁(毎日新聞)
<中電グループ>EV用充電スタンドを発売(毎日新聞)
[PR]
by bv6rtgapfn | 2010-06-04 14:30
←menu